エピローグページに式典映像掲載

各ステージ詳細&最新情報に関しては各ステージのボタンをクリックしてください。
開催期間中、リアルタイムで走行状況を公開予定。

新着情報

式典が無事終了し、ツールド慶應もこれで完結です。 みなさん本当にありがとうございました!

2008/12/24/ 17:03
サイト更新
・エピローグページに式典映像を掲載しました。
・1200km走破の写真集へのリンクをエピローグページに掲載しました。(Tour de KEIO History
・1200kmのGPS走行ログをGoogleMapに表示しています。各ステージのページにリンクがあります。
2008/12/19/ 11:37
応援メッセージ欄への投稿は、「tourdekeio@me.com」までメールで本文をお送りください。
2008/11/13/ 16:56
慶應義塾のサイトに式典の写真が掲載されました。
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2008/kr7a43000000k36d.html
2008/11/11/ 00:37
エピローグページの右上にTour de KEIO Historyを掲載して
おります。
4月30日〜5月5日に行われたツールド慶應1200kmの写真
がスライドショーで表示されます。
ぜひご覧ください。
2008/11/09/ 08:50
式典が無事終了し、ツールド慶應もこれで完結です。 みなさん本当にありがとうございました!

概要

目的

塾員、大学生、高校生の3世代が自転車で福澤諭吉先生の足跡と慶應義塾の150年の歴史をたどることにより、その伝統の価値を共有し、次の150年へ継承する

自転車の持つ歴史と文化、健康増進効果、環境貢献を広く社会に訴求し、サイクルスポーツの振興に寄与する

実施期間

2008年4月30日(水)午後5時(出発式)
〜5月5日(月・祝)

実施区間

大分県中津市(福澤先生旧居前)〜東京都港区三田(三田キャンパス)
主要国道等、行程距離約1,200km

参加者

慶應義塾體育会自転車競技倶楽部 部員
慶應義塾高等学校サイクリング部 部員
慶應義塾自転車倶楽部(OB会)会員 ごあいさつ

主催

慶應義塾體育會自転車競技倶楽部 故吉田和夫先生に捧ぐ
ツール・ド・慶應実行委員会

後援 慶應義塾大学
グローバルアクセス株式会社株式会社 ヴェクタント
天侖堂株式会社、豊島屋、サイクルス オリエント、グローブテクニック
アメアスポーツジャパン株式会社、
明治製菓株式会社
HP製作・運営 株式会社ディレクターズ
 

最新応援メッセージ

 
中野俊夫 男性 2009/05/05 08:19
「今日(日本時間)は「ツール・ド・慶応1200km」が三田キャンパスへゴールして無事に終了した一周年の記念日になりますね。 あの日の興奮と感激を懐かしく思い出しています。
みなさんはいかがですか? 一週間ほど前に、今シーズン初めて2時間ほどロードレーサーで走りました。 去年、「ツール」に備えて練習したメリーランド州道194号線です。5月5日を思い出しながら・・・。」
桶本 均 男性 2008/11/10 13:12
エピローグ(三田〜築地鉄砲州〜日吉)を走らせていただきました。

計26名の走者が5つのグループに分かれ、伴走車1台(3名乗車)そして伴走バイク1台の計30名のキャラバンとなりました。

三田をスタートし、国道1号線を赤羽橋、神谷町、虎ノ門、霞ヶ関と抜けていきます。皇居に突き当たる桜田門の交差点で右折、晴海通りに入ります。土曜日の朝とは言え、交通量が比較的多く慎重に走ります。日比谷、銀座を抜けたら、築地で聖路加方面へ左折です。三田から20分ほどで慶應義塾発祥の地に到着しました。後続グループが到着するのを待って、みんなで記念碑を囲んで記念撮影をしました。

さて、次は日吉を目指します。同じルートを三田まで戻り、国道1号、中原街道を走っていきます。築地を出る頃から雨がぱらぱらと降ってきました。本降りにはなりませんでしたが、体が濡れ冷えてきました。

大きなトラブルもなく、1時間少々で元住吉の集合場所に到着。中原街道では式典に参加されると思われる車から声援を送っていただきました。

最終グループがパンクのため少し遅れましたが、全グループの到着を待って伴走車から荷物を受け取り、揃って日吉キャンパスに入ります。

既に並木の両側には大勢の参加者が来ていて、拍手で出迎えていただきました。

その後は、日吉に直接駆けつけてくれた部員・OBや高校生のご家族らと、中庭で記念撮影。エピローグは無事終了いたしました。
中野俊夫 男性 2008/11/08 05:54
所用があって今夜10時半前(日本時間8日午後12時半前)に帰宅してすぐにインターネットで150年式典のライブを見始めました。ちょうど「慶応賛歌」が始まるところでした。自転車部の登場は残念ながら終わっていたみたいですね。(天皇の挨拶など、結局2時間ほど見てしまいました。)

生憎の雨模様で、走者の皆さんは大変でしたね。ご苦労様でした。式典会場での紹介場面がアップされるのを楽しみに待っています。
前田 敦 男性 2008/11/08 03:37
 GWはプロローグを走らせていただきましたが、今回は遠方&仕事のため参加できず、福岡より応援しています。無事に日吉に到着し、華々しくエピローグを飾ることができたようで、嬉しく思います。皆さんお疲れ様でした。
総監督 男性 2008/11/07 21:53
いよいよ明日ツール・ド・慶應1200kmのファイナルステージです。
三田を出発し、慶應義塾発祥の地である築地鉄砲洲を経由し日吉で行われる慶應150年記念式典の檀上を目指します。そこが我々の今回のゴールです。
この企画を発案されて直前まで走りきるためのトレーニングされていた今は亡き吉田和夫先生、1200kmの長い道中お世話になった各地の三田会や沿道で声援を送ってくださった大勢の方々、各方面でご協力いただいたOB諸氏、実行委員会の皆、一生懸命走ってくれた大学生、高校生、このツールの成功のために多くの時間を注いでくださった慶應150年準備室の皆様、その他このページを見ていて下さった方々皆様にに心よりお礼申し上げます。
明日、我々は式典会場にゴールして壇上に上がります。自転車競技倶楽部の雄姿を是非ご覧ください。

私たちがツール・ド・慶應1200kmを通じて得た最高の宝物は、「時間」も「距離」をも超えた《絆》でした。これからの未来に向けこの絆を大事に育てていきたいと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

新着画像一覧

プロローグ

9時20分、門司港駅到着

第一区間

13時45分、新岩国到着。お疲れ〜。

第二区間

20時03分、尾道到着。

第三区間

13時44分、相生の市長様とゴール後の集合写真

第四区間

20時25分、大阪駅到着!

第五区間

12時30分、京都駅に到着しました

第六区間

名古屋駅にてあらためて。これだけ多いと統率とれません。 みなさん、今日も応援ありがとうございました。

第七区間

渋滞中。疲れ切ったサポートスタッフ。連日、2、3時間睡眠で頑張っているのです。荷物にまみれ、しばしの安らかなひと時。 前ステージの話ですが、本人の許可がでましたので。

第八区間

番外編 今日の宿舎。最年長のOBから高校生まで、この状態で寝ます。(寝られるかなあ)

第九区間

13時05分、藤沢SFC到着。

第十区間

全員、肩を組んでの「若き血」。まさに感激のひととき。

エピローグ

式典が無事終了し、ツールド慶應もこれで完結です。 みなさん本当にありがとうございました!

 
inserted by FC2 system